読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【attara】アッタラ制服在庫状況

f:id:yoron-anmas:20170207153124j:plain

現在お預かりしているアッタラの制服詳細です。


【attara】在庫状況2/1

お渡し済み
①茶花小ジャケット(校章刺繍入り)
サイズ:125A 身長125/胸囲62
メーカー:Tombow
★★★★☆
右袖口に少々汚れあり

②小学校ジャケット(茶花小校章ワッペン付き)
サイズ:135A
メーカー:kanko
★★★★☆

多少の使用感はありますが、
色あせ・ほつれ・やぶれもなく、
とてもきれいな制服です。

f:id:yoron-anmas:20170312154358j:plain


【attara】在庫情報3/8

(3)高校女子スカート(夏)
ウエスト63cm /丈57cm
丈:実寸45.5cmに裾上げ(伸ばせます)
メーカー:トンボ
★★★★☆
後ろ裾部分に糸引き※補修済
まつり縫いほつれ※補修済


お渡し済み
(4)高校女子スカート(夏)
ウエスト72cm/丈54cm
丈:実寸53cm
メーカー:トンボ
★★★☆☆
後ろ裾部分シミあり※
糸引きなども少なく、
全体的にはとても良い状態です。

f:id:yoron-anmas:20170312155157j:plain


【attara】在庫状況4/3

(5)高校女子スカート(夏)
ウエスト76cm/丈48cm
メーカー:Predichant
★★★☆☆
ウエストベルト部分生地ほつれあり
ホック縫い付け
スカート部分はきれいです。

(6)高校女子スカート(冬)
ウエスト69cm/丈47cm
メーカー:トンボ
★★★★★
とてもきれいな状態です。

f:id:yoron-anmas:20170403165613j:plain

(16)高校女子シャツ(夏)
サイズ:BL
★★★★★
未使用のものと思われます。

※高校リボン:在庫2個

f:id:yoron-anmas:20170403165736j:plain


以上が、現在すぐにお渡しできる制服です。
ほしい制服がアッタラLINEメッセージからご希望の制服番号をお知らせください。


また、現在下記の制服をおゆずりいただいています。
準備が出来次第ご案内いたします。


(7)〃(冬)ウエスト72cm/丈52cm
(8)〃(冬)ウエスト72cm/丈47cm
(9)〃(冬)ウエスト63cm/丈57cm

(10)中学女子スカート ウエスト67cm/丈65cm
(11) 〃 ウエスト63cm/丈63cm

(12)中学女子セーラー服 冬 165A
(13) 〃 冬 175A
(14) 〃 冬 肩幅41cm/着丈49cm
(15) 〃 冬 165A

(17)ハーフパンツ M(旧タイプ)

(18)中学女子セーラー服 夏 160A
(19)〃 夏 10/160

(20)中学女子セーラー服 冬 サイズ無(身幅50cm/着丈48cm)
(21)〃 冬 170A
(22)〃 冬 160A
(23)〃 冬 160A

(24)指定外 ベージュセーター(イーストボーイ)



準備が追いついていないため、ご予約も承ります。
ご予約をいただいたものから先にご用意いたしますので、
ご連絡ください。


お手入れの様子はこちらで紹介しています。

yoron-anmas.hatenablog.jp


yoron-anmas.hatenablog.jp




アッタラ手数料一覧2017.04.01現在


小学校   男女ジャケット   ¥500
 兼    男子ズボン     〃
こども園  女子スカート    〃
      男女シャツ     〃

​中学校   男子上着     ¥1,000
      男子ズボン    ¥1,000
      男子シャツ     ¥500
      女子セーラー服  ¥1,000
      女子スカート   ¥1,000
      女子ネクタイ    ¥100​

高校    男女ブレザー   ¥1,500
      男女シャツ     ¥500
      男子スラックス  ¥1,000
      男子ネクタイ    ¥500
      女子スカート   ¥1,000
      女子リボン     ¥100

小学校   体操服 上    ¥200
 兼    体操服 下     〃
こども園  帽子       ¥100


中高   体育シャツ    ¥300
     ハーフパンツ    〃
     長袖ジャージ上   〃
     長袖ジャージ下   〃
     帽子        ¥100


友だち追加はこちら
IDから検索:@kap7973o 
QRコードから読込み↓
f:id:yoron-anmas:20170207141338p:plain

100万超えました!

こんばんは!

箱山です。

ぽかぽか陽気の与論島

そんな昨日は、島に3つある町立こども園の卒園式でした。

職員として関わった子供たちの卒園でも、

こんなに泣けるのに、

1年後の自分の子供の卒園となったら・・・

想像しただけで、泣けてきます。

式を終え、

スマホを見てびっくり!

なんと100万超えているじゃないですか・・・!!

本当にありがとうございます!

すでにご支援いただいているの中にも、

積極的に情報拡散してくださってる方もいて・・・

感謝の気持ちでいっぱいです。

このプロジェクトを始めて、約2週間。

こんなに早くここまで来るとは・・・!

先日の新聞掲載の影響か、

島の方々からのご支援が増えました。

『こんな施設が欲しかった!』

そんな声をあちこちから聞き、

ますますがんばらねば!と思っています。

それでは、ご支援いただいた方々を、

紹介させていただきます。

会社名等でご支援いただいた方は、

リンクを貼りまして、再度掲載いたします。

(前回貼れなかったので)

順不同です。

株式会社digojapanさま
yoron.net
ヤナギタノリオさま
46n.jp
yoronblue.さま
yoronblue.com
神田さおりさま
www.saorian.com
煮売屋ぽっとさま
https://www.facebook.com/potniuriya

清野若菜さま
beniwakana.blog.shinobi.jp
studioMr.MOOKさま
studiomook.com

黒田ゆかりさま

樋口伸一さま

板谷亜矢子さま

吉田絢女さま

叶知美さま

池田龍介さま

和田昌弘さま

豊滿徳樹さま

嘉数照次郎さま

M.Yさま

tansanさま

HidetakeTakeuchiさま

吉澤けいごさま&まきさま

かりゆし君さま

阿由葉しずさま

Akiさま

今堀勇さま

皆様ありがとうございました!

あんまぁ~ず誕生、そして今までの軌跡②

こんにちは、村上です!
連日のご支援、
本当にありがとうございます!

ついにご支援いただいた人数が

100人を突破しました!!

1週間が経った今、
こんなに多くの方々に支えていただけるとは、
夢にも思いませんでした。

この沢山の想いをのせて、
少しでも多くの妊婦さんの笑顔が増えるようにがんばっていこう!!と
実感する今日この頃です。



さて、


yoron-anmas.hatenablog.jp


では、ママ友からはじまった


あんまぁ〜ずの誕生秘話についてお伝えしました。


今回はそのつづき②。


ついにあんまぁ〜ずを結成し、


ここまでの私たちの活動を紹介したいと思います。


2015年秋頃。



「与論人が一緒に泊まれる出産待機場所があれば、
みんなで協力しあえるし、
出産までの不安も解消できるんじゃないかな。」



内野の妄想から始まった「那覇での出産待機施設」について、


私たち4人は


資金もない、心当たりのある場所もない、人脈もない、


妊婦さんたちが本当に必要としているのかわからない。



そんな状態にも関わらず、


「まずは動き出してみよう!そしたらきっと見えてくる!」


という思いから、


団体を立ち上げることにしました。



そしてあの、


春に上映した映画の時も感じた、


「私たちが妄想していたことは、他の人も実は求めているんじゃないだろうか」


を思い出し、


私たちの活動を知ってもらうためにも、


そして、この島で、


より快適に楽しく子育てができるようなサポートもしていきたいね、


という思いから、


イベント活動も行なっていこう!!ということになりました。




2016年3月11日。


「よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず」の誕生です。



あんまーとは、


与論の方言'ゆんぬふとぅば'で「お母さん」。



その複数形にアレンジしてみたのと、


村上が個人的にお笑い芸人'さまぁ〜ず'さんが好きで、


それを合わせて「あんまぁ〜ず」になりました。笑


「ー」ではなく「〜」にしたのがポイントです!


・・・ってどうでもいいですね。笑


結成して


一番はじめに行なった活動が、


映画「うまれる。ずっと、いっしょ。」の自主上映


▼4月22.23日。1年前の「うまれる」の続編です。
f:id:yoron-anmas:20170321010019g:plain





そして7月には、


大阪から落語家さんをお迎えして


「落語会」を開催。

f:id:yoron-anmas:20170321010032j:plain




夏の終わり頃には、


箱山がメンバーに加わり、


SUPよろんとのコラボレーション企画で


箱山個人が活動していた


「ママSUP」を定期的に開催。



10月には、


世界的に活躍している踊絵師の神田さおりさんと


企画運営をした


「おひさま祭」を開催。
f:id:yoron-anmas:20170321010101g:plain





この頃から、


少しずつ、本当に少しずつ、


私たちの名前を知ってもらえるようになりました。



そこで昨年秋、


ようやく「出産待機施設」について少しずつ動き出しました。



10月の「よろんマルシェ」にて


妊婦さんたちにアンケートを実施。
やっぱり「出産待機施設はあったら嬉しい!」という意見が多数で


一気に背中を押された気がしました。



そして11月には、


代表内野が沖縄の不動産屋さんに突撃訪問するも撃沈。


12月には、


村上がマンスリーマンションの会社に突撃訪問するも撃沈。


また、


町の議員さんにも呼ばれ、状況を説明するも撃沈。



撃沈続きの秋。。。涙


メンバー皆んなでくじけそうになっていました。



「やっぱり実現は、夢物語なのかな・・・。」



しかし、年末に!一筋の光が差し込んだのでした!!
(このあたりの詳しいことは、長くなるので改めて⭐︎)



悔しい思い、


そしてクラウドファンディングの準備をしながらここまでたどり着いたのが


本当に今でも夢のようです。



そんな中、


私たちのイベント活動は今でも続けています。



現在は、


ゆんぬ整骨院とのコラボレーション企画で


「ママピラティス&母と子のカラダづくりで大切にしたい5つのコト。」
を定期的に開催中の真っ只中です。

f:id:yoron-anmas:20170321010140g:plain





そして、


結成当時からあたためていた企画も


スタートしました。



制服・学用品リユースプロジェクト


「attara-アッタラ」。



「アッタラ」は与論の方言'ゆんぬふとぅば'で「もったいない」。


捨てるに捨てられない、


まだ着ることのできる制服を


おさがりがほしい方にお譲りするプロジェクト。


こちらも徐々に広まりつつあります。



「私たちが妄想していたことは、他の人も実は求めているんじゃないだろうか」


から始まった


私たちの活動は、


まだまだ広がりを見せるかもしれません。



そのなかでの


一番の大きなミッションである


「出産待機施設」の実現を目の前にしていることは、


私たちメンバーにとって、


本当に日々やりがりを感じています。



1月には重久がメンバーに加わり、


よりパワーアップした


現在6名のあんまぁ〜ず!!!



どうか、これからも


あたたかい目で私たちの活動を見守っていてください。



よろしくお願いします!!

靴ってやっぱり大事!~第2回ママピラティス体験レポ

どうも!
イベント担当重久です(*⁰▿⁰*)!!

3月15日に開催された、
第2回「ママピラティス&母と子のカラダづくりで大切にしたい5つのこと」は、
皆さんと一緒に、私も参加させていただきました☆☆

講座も今回は実用的な内容で、ほんと毎回ためになる(T ^ T)!!
講師を勤めてくださっている町永氏は、
身体オタク??(笑)と思うほど勉強されていて、
情熱もあるので本当に話が面白い!!
いつもありがとうございます(*^ω^*)

今回の講座は『子供の足の成長と靴の選び方』
足を思う存分つかえて理想的なのは裸足!!
でも怪我とかもあるので靴をはかせる。
全体重を支えている足、それを守る靴。
そりゃあ大事ですわ✨
いい靴の選び方を学べてよかったです(*⁰▿⁰*)
なんと、ホームページを紹介してくれました(*^ω^*)
興味のある方はのぞいてみてくださいね♪♪

www.yamagon.jp


そして、念願のピラティスも体験してみてまず思ったのは、

「身体がかるい!!」でした。
ものすごい爽快感
ゆっくりした動きなのに
次の日の筋肉痛がまたなんとも気持ちよくて(*^ω^*)♪♪
ぜひ体験しにいらしてくださいね(o^^o)

f:id:yoron-anmas:20170313223109j:plain

次は3月29日(水)です(*⁰▿⁰*)

中央公民館1F子育て支援にて、
託児も行なっておりますので、
つかの間の自分の身体にだけ集中する時間としてもオススメですよ(*^ω^*)


ご予約、お問い合わせは
担当
村上由季
080-5423-3750
または
重久チエミ
090-4398-9127

yoron.anmas@gmail.com

まで⭐︎

他のメンバーでもご予約受け付けています⭐︎

あんまぁ~ずHPとご支援いただいた方のご紹介

こんばんは!



皆様のご支援、本当に嬉しいです。


皆様にお伝えしたいこと、ご紹介したいことたくさんあります。


どうぞお付き合いくださいね!



さぁ、でもそれよりもまず皆様への感謝の気持ちを伝えなくてはなりません。



本日17時までにお名前掲載可のお返事をいただいた方を、


まずご紹介したいと思います。


(順不同です)



株式会社digojapanさま


矢野冠司さま


友森拓雄さま


ヨロン大好きモックンさま


佐藤留美さま


しゅりさま


山田雅子さま


yoronblue.さま


kineharaさま


岡崎あーちゃんさま


西奈緒己さま


石原亮一さま


大畑さま


高橋有希子さま


たい焼きランナーさま


伊藤貴子さま


岩淵裕子さま


西研吾さま


ReiKaiosさま


三坂路子さま


YasukoWatanabeさま


竹内せいじさま


煮売屋ぽっとさま


MadokaTsurumiさま


ヤナギタノリオさま


原田奈津美さま


いとうれいさま


関美弥さま


沖梓さま


AcoOkanoさま


箱根太郎さま


河崎志保さま


相原真子さま


本山浩子さま



ありがとうございます!


あたたかい応援メッセージも、とても嬉しいです。



こちらの皆様以外にも、多くの皆様からご支援いただいております。


順次紹介させてもらいますね!



プロジェクトが終了しましたら、


あんまぁ~ずHPへ改めてお名前を掲載いたします。



f:id:yoron-anmas:20170316221757j:plain


今後このレポートの方でも、紹介させてもらいますが、


http://yoronanmas.wixsite.com/mama
あんまぁ~ずHPで様々な活動についてのページがございますので、


ぜひご一読くださいね☆




そして今レポートを書いている最中に、


なんと達成率160%!!


なんとなんと91人もの皆様に、ご支援いただいております!


本当にありがとうございます!



箱山

あんまぁ~ず誕生、そして今までの軌跡①

こんにちは!



クラウドファンディング公開から5日経ち、


少しずつメンバーにも落ち着きがみられてきました。笑
そんな中、


連日ご支援の一報が届くたびに、


本当にありがたく、涙。。。


そしてこれから本格的に始まる改装準備に


一同、気を引き締めています!!
ありがとうございます!





さて、今日からは、


また改めて、私たちのこと、施設のことを知ってもらえたら。。。と思います。


今回は、


「あんまぁ〜ず誕生、そして今までの軌跡」


その①として、


結成の経緯をお届けしたいと思います。



もともと私たちは


4人のママ友からはじまりました。
当時、


島に1つしかなかった子育て支援センター


同じ年の子どもを持つ母として出会いました。



この出会いがなければ始まらなかったこと。


ハレルヤ子育て支援センターには本当に感謝しています。



そして今から2年前、


子どもたちが3歳になり、


すこし子育ても落ち着いてきた頃、



「あー映画観たいなぁ・・・」


「テレビじゃなくて、大きいスクリーンで観たいんだよなぁ・・・」


「'うまれる'っていう映画知ってる?私、今それが一番観たい。」


「それ自主上映の映画らしいよ!やっちゃう??」


「え!!やっちゃう?やれちゃうの??」



という感じで、


資金もないのに、勢いで自主上映をすることにしました。笑



やると決めたはいいものの、


映画制作会社とのやりとり、宣伝告知など、


どれもこれもド素人の4人。



▼このチラシ(配給会社からもらった画像を貼り文字を入れただけ)を作り、


宣伝するのにどれだけの時間がかかったことか・・・笑
f:id:yoron-anmas:20170315232159p:plain






共感してくれた友人たちの力も借りながら


悪戦苦闘しながら、


自腹も覚悟!なんてドキドキながら当日を迎えました。
f:id:yoron-anmas:20170315232226j:plain





すると・・・なんと!次々にお客様が!!
f:id:yoron-anmas:20170315232251j:plain




会場が満員!!


入るところがないくらいの状態。



今までみたことのないような情景に、


私たちは胸を打たれました。



久しぶりに味わった達成感、やりがい。


「母」として繋がった私たちだけど、


そこはもう、友情を超えた何かがありました。



「私たちが妄想していたことは、他の人も実は求めているんじゃないだろうか」



・・・



実は、これ以前に、


メンバーの山下が、


与論町での育児に関する陳情書」を



署名を集めて議会に提出したことがありました。
(1.広域保育について2.島外受診時の交通費助成について 3.乳幼児医療について)



そのときも、
たくさんのママさんから共感の声がありました。


自然が豊かで、人は皆やさしい。


与論島は、


子育てをするにはとても素晴らしい環境だと思います。

だけど、
まだまだ出産・子育てに関して、
離島がゆえの不便さも


たくさんあるな、もったいないな、


と感じたのでした。



・・・



時を同じくしてその頃、


私たちは2人目が欲しいな。。。と考えていたので


那覇での出産待機場所についても


ママ友トークで話題に上ることが必然的に多くなりました。



「こんなのができたらいいね」


「あんなことがあったらいいのにね」


妄想のやりとりが日常茶飯事の私たち。



あるとき、内野が言いました。



「与論人が一緒に泊まれる出産待機場所があれば、


みんなで協力しあえるし、


出産までの不安も解消できるんじゃないかな。」




映画上映をした時に感じた


「私たちが妄想していたことは、他の人も実は求めているんじゃないだろうか」


が頭をよぎりました。



それがこの「あんまぁ〜ず」の始まりでした。



>>>②につづく


新聞の取材がありました!


今日は南海日日新聞さんの取材がありました!

f:id:yoron-anmas:20170315131300j:plain

あんまぁ~ず結成の経緯や、これまでの取り組み、

見事二日間で目標達成(すると思わなかった。笑)までの

長い道のり(でも本当はあっという間だった。笑)などをお話させていただきました。

同行者の村上と

「あれはいつだったけ?10月?いや12月?」などと

はっきりしない記憶を何度も辿りました。笑

それくらいこの1年、本当に突っ走ってきたな。

と改めて思いました。

記事になるのはいつかわかりませんが

この記事があがったことで

まだこの施設ができることを知らない島民の皆さんの目にとまればと思います。

今朝もある支援者さんからのメッセージに涙しました。

毎日増える続けている本当に温かいご支援ありがとうございます。

内野正世