読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんまぁ~ず誕生、そして今までの軌跡②

こんにちは、村上です!
連日のご支援、
本当にありがとうございます!

ついにご支援いただいた人数が

100人を突破しました!!

1週間が経った今、
こんなに多くの方々に支えていただけるとは、
夢にも思いませんでした。

この沢山の想いをのせて、
少しでも多くの妊婦さんの笑顔が増えるようにがんばっていこう!!と
実感する今日この頃です。



さて、


yoron-anmas.hatenablog.jp


では、ママ友からはじまった


あんまぁ〜ずの誕生秘話についてお伝えしました。


今回はそのつづき②。


ついにあんまぁ〜ずを結成し、


ここまでの私たちの活動を紹介したいと思います。


2015年秋頃。



「与論人が一緒に泊まれる出産待機場所があれば、
みんなで協力しあえるし、
出産までの不安も解消できるんじゃないかな。」



内野の妄想から始まった「那覇での出産待機施設」について、


私たち4人は


資金もない、心当たりのある場所もない、人脈もない、


妊婦さんたちが本当に必要としているのかわからない。



そんな状態にも関わらず、


「まずは動き出してみよう!そしたらきっと見えてくる!」


という思いから、


団体を立ち上げることにしました。



そしてあの、


春に上映した映画の時も感じた、


「私たちが妄想していたことは、他の人も実は求めているんじゃないだろうか」


を思い出し、


私たちの活動を知ってもらうためにも、


そして、この島で、


より快適に楽しく子育てができるようなサポートもしていきたいね、


という思いから、


イベント活動も行なっていこう!!ということになりました。




2016年3月11日。


「よろん出産子育て応援隊あんまぁ〜ず」の誕生です。



あんまーとは、


与論の方言'ゆんぬふとぅば'で「お母さん」。



その複数形にアレンジしてみたのと、


村上が個人的にお笑い芸人'さまぁ〜ず'さんが好きで、


それを合わせて「あんまぁ〜ず」になりました。笑


「ー」ではなく「〜」にしたのがポイントです!


・・・ってどうでもいいですね。笑


結成して


一番はじめに行なった活動が、


映画「うまれる。ずっと、いっしょ。」の自主上映


▼4月22.23日。1年前の「うまれる」の続編です。
f:id:yoron-anmas:20170321010019g:plain





そして7月には、


大阪から落語家さんをお迎えして


「落語会」を開催。

f:id:yoron-anmas:20170321010032j:plain




夏の終わり頃には、


箱山がメンバーに加わり、


SUPよろんとのコラボレーション企画で


箱山個人が活動していた


「ママSUP」を定期的に開催。



10月には、


世界的に活躍している踊絵師の神田さおりさんと


企画運営をした


「おひさま祭」を開催。
f:id:yoron-anmas:20170321010101g:plain





この頃から、


少しずつ、本当に少しずつ、


私たちの名前を知ってもらえるようになりました。



そこで昨年秋、


ようやく「出産待機施設」について少しずつ動き出しました。



10月の「よろんマルシェ」にて


妊婦さんたちにアンケートを実施。
やっぱり「出産待機施設はあったら嬉しい!」という意見が多数で


一気に背中を押された気がしました。



そして11月には、


代表内野が沖縄の不動産屋さんに突撃訪問するも撃沈。


12月には、


村上がマンスリーマンションの会社に突撃訪問するも撃沈。


また、


町の議員さんにも呼ばれ、状況を説明するも撃沈。



撃沈続きの秋。。。涙


メンバー皆んなでくじけそうになっていました。



「やっぱり実現は、夢物語なのかな・・・。」



しかし、年末に!一筋の光が差し込んだのでした!!
(このあたりの詳しいことは、長くなるので改めて⭐︎)



悔しい思い、


そしてクラウドファンディングの準備をしながらここまでたどり着いたのが


本当に今でも夢のようです。



そんな中、


私たちのイベント活動は今でも続けています。



現在は、


ゆんぬ整骨院とのコラボレーション企画で


「ママピラティス&母と子のカラダづくりで大切にしたい5つのコト。」
を定期的に開催中の真っ只中です。

f:id:yoron-anmas:20170321010140g:plain





そして、


結成当時からあたためていた企画も


スタートしました。



制服・学用品リユースプロジェクト


「attara-アッタラ」。



「アッタラ」は与論の方言'ゆんぬふとぅば'で「もったいない」。


捨てるに捨てられない、


まだ着ることのできる制服を


おさがりがほしい方にお譲りするプロジェクト。


こちらも徐々に広まりつつあります。



「私たちが妄想していたことは、他の人も実は求めているんじゃないだろうか」


から始まった


私たちの活動は、


まだまだ広がりを見せるかもしれません。



そのなかでの


一番の大きなミッションである


「出産待機施設」の実現を目の前にしていることは、


私たちメンバーにとって、


本当に日々やりがりを感じています。



1月には重久がメンバーに加わり、


よりパワーアップした


現在6名のあんまぁ〜ず!!!



どうか、これからも


あたたかい目で私たちの活動を見守っていてください。



よろしくお願いします!!