読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

施設との出会いと重要なお知らせ

こんにちは。

内野です。


島の方にもよく聞かれる


「どうやってこの施設を見つけたの?」


を、今日はレポートしたいと思います!



(最後には重要なお知らせもありますのでどうか最後までお付き合いください。)


f:id:yoron-anmas:20170417214539p:plain
一番最初は、私が2016年の夏に参加した「奄美広域事務組合」が主催する
起業人材育成のゼミでした。
今自分がやってみたいことを発表することになり
私はこの「待機施設」について発表しました。

講師の方々から、とても前向きな助言をいただき、
充実したとても貴重な時間を過ごすことができました。

f:id:yoron-anmas:20170417214706j:plain

そして2016年秋から「奄美でシゴトを創るゼミ」が奄美群島でスタート。
講師の先生も同じだったので
メンバーに声をかけ、参加することにしました。

他の離島でのゼミは遠隔で受講し、
待ちに待った与論島開催では張り切って参加しました!
(私にいたってははりきりすぎて発熱したままで参加しました。笑)

もちろんゼミの意図である、起業についてや会社経営のヒントになるようなこともたくさん教えてもらい、
本業で活かせそうなこともしっかり学びましたよ。
とは言いつつもここでもあんまぁ~ずの活動について発表させていただきました。笑


ちょうど、この待機施設については壁にぶち当たっているところだったので、
何かヒントが得られたら。と思っていました。
講師の方々も熱心にお話を聞いてくださり、
これまた貴重な時間を過ごすことができました。


そして次の日からだったでしょうか・・・
元々、連絡網やゼミの動画配信などで活用していた
facebook上でのグループで、私たちの問題を講師のお一人が
『さてどうしましょうか』と投げかけてくださいました。

そして程なくしてある方から「ではうちの方の施設を使えるようにしましょうか」という
目からウロコ?のようなコメントをいただいたのです!!!

そのある方というのが今回の施設を管理していただく
能塚さんでした。


能塚さんは、沖縄で女性が起業するための支援をされている方で
「沖縄ビジネスインキュベーションプラザ」
http:// http://okinawa-bip.com/project/
代表理事をされています。

そしてその女性起業のサポート施設でもある
「沖縄ガールズスクエア」
が移転することにともない、そちらの一部を待機施設に!という夢のような話をいただいたのです。

girls-okinawa.jp



ゼミに参加するほんの少し前に、議員さんに呼ばれて議会の委員会に参加し
とても悔しい思いをしたばかりだったので
まさに「捨てる神あらば拾う神あり」と言った瞬間でした!


その日から、私たちの間では能塚さんのあだ名が「神様」となったのは
今でも本人には内緒です。笑

熱心に話を聞いてくださり、アドバイスをしてくださった講師の方々には本当に感謝しています。
そしてこのゼミに参加するきっかけをくれた当時観光課に勤務されていた堀田さん、
奄美広域事務組合の濱川さんにもこの場を借りてお礼が言いたいです!


本当にありがとうございました!



もちろん、この施設は与論島の妊婦さんだけの利用では成り立たないため
他のお部屋は一般の女性専用ゲストハウスとして生まれ変わります!

今まで女性の支援のために活動されていた能塚さんらしい
ステキなゲストハウスになるのではないかと思っています。
(私も、できることならもう一度妊娠して、ここに滞在したいくらいです。笑)


そして!!
能塚さんが、ゲストハウスオープン準備のため、クラウドファンディングに挑戦しています!


シャワー&ランドリー部分は、
もちろん今後、島の妊婦さんが利用する可能性も大いにあり得ますよ。


faavo.jp


あんまぁ~ずのために、
与論島の妊婦さんのために、
ここまで親身になってくださったので


私達もこちらのプロジェクトも応援していきたいと思っています!


ぜひよろしくお願いします!